ネットカフェに泊まって、3日目。腰が痛い。
そんな話を友人にしたら、それなら神待ちで誰かの家に泊めてもらいなと言われた。
私は冗談抜きで不細工で、おまけに体形もデブ。
泊めてくれる男性がいるとは思えなかったが、柔らかいベッドの誘惑に負けて、
「160cm 75㎏のぽっちゃり女子です。神待ち中。誰か泊めてくれませんか」
と書き込んだ。
すると、すぐに書き込みが来て、今すぐ迎えに行くとのことだった。
ぽっちゃりと書いたけども、どう見てもデブと言える自分を迎えに来るなんて、なんて奇特な男だろうか。
暫くして、待ち合わせ場所に現れたのは、びっくりするぐらい男前の男だった。
彼は、やたらと「柔らかそうで素敵だね」「最高に可愛いね」とつぶやく。
きっと目が悪いのか、詐欺師かどちらかだ。
家に着くなり、彼はお風呂にお湯を入れて一緒に入りたいという。
私は了解して、服を脱ぐ。
神待ち 掲示板
それでも彼は嬉しそうに、私を導いた。彼は私の身体を隅々まで洗ってくれて、泡でいろんなところを撫でた。
肉割れしたお腹や足に愛おしそうに顔を付けてきたあたりで、あぁデブ専という奴なのか、と気が付いた。
彼は私のおっぱいを泡でにゅるにゅるにすると、そこに自分のちんちんを挟み、パイズリをし始めた。
彼のちんちんはどんどん大きくなり、最後には私の顔に向かって精液を吐き出した。
私みたいな女の身体で、興奮してくれる人がいるとは思わなくて、思わず涙が出た。
彼は嫌だったんだと勘違いして、すごく謝ってくるので、私は自分からキスをした。
その後はもう最高で、何度も何度も彼の精液を中に注いでもらって、愛し合った。
終わったころには、彼から付き合ってくださいと告白まで受けて、まさかのネットカフェ難民を卒業。
彼氏と住居を一気に手にいれちゃった。
ネットカフェ
神待ちアプリ
友達に教える
新規HP HP編集
無料ホームページ
mKeitai

出会い系
AX